墨田区押上駅から徒歩1分、錦糸町駅から徒歩10分の皮膚科・形成外科クリニック。アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ 眼瞼下垂 皮膚腫瘍・粉瘤など。

押上駅・錦糸町駅から近い押上なりひら皮膚科・形成外科クリニック

東京メトロ半蔵門線・都営浅草線・東武スカイツリーライン・京成押上線「押上駅」B2、B1出口より徒歩1分

電話番号:03-5608-7878

お顔のしみ・しわ

しみについて

しみはメラニンという色素が過剰に生成され、肌に現れることでできます。
しみになってしまう原因は紫外線が主ですが、そのほかにも老化やストレス、炎症、ホルモンバランスの乱れ、また肌への摩擦などの刺激など様々なことが原因となる場合があります。

しみの種類

しみといってもいくつか種類があります。色味や大きさ、また治療法も異なりますので、自分で判断せずに医師の診察を受けるようにしましょう。

老人性色素斑

しみの中で最も代表的なもので、紫外線が原因となって発症するものです。
大きさは米粒大のものから数cmのものまでさまざまで、境界がはっきりしていて、色は褐色です。
老人性と名前にはありますが、40歳前後から増えてくるしみで、早ければ20代でも発生します。紫外線が原因ということで、日の当たりやすい頬骨などに現れやすいです。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは、鼻を中心として茶色の小さな斑点がいくつも散らばるものです。
これは遺伝的な要素が強いもので、いわゆるしみである老人性色斑と違って、子どものころから現れることが多いです。しかし、強い紫外線の影響で悪化することもありますので、注意が必要です。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、頬骨や鼻の下、額などに左右対称のしみが発生するものです。30~40代の女性に多く、女性ホルモンの乱れや、紫外線が原因であると考えられています。
妊娠中やピルを服用されている際にも発症しやすいものです。

後天性真皮メラノサイトーシス

頬骨を中心に現れるしみです。褐色もしくは青味がかった色をしていて、通常のしみにくらべると、より深い真皮に発生しているものです。肝斑に似ているのですが、しみよりもあざに近いものであるため、治療もある程度回数が必要になります。

しみに対する治療

美白外用薬

5%ハイドロキノンクリーム 5g 2,000円

ハイドロキノンはシミをとるためのお薬として有名で、メラニンを作り出すメラノサイトの数を減らす効果があります。したがって、しみを薄くする効果に加えて、しみの発生を予防する効果も期待できます。

BBL(IPL)光治療

BBL(ブロード・バンド・ライト)という光を用いてしみを取る治療法になります。
カメラのフラッシュのような光が、皮膚に沈着しているメラニンを刺激し浮き上がらせ、それが代謝によって剥がれ落ちていきます。
BBLは痛みも少なく、またダウンタイムもないのが特徴です。
詳しくはこちらをご覧ください。

しわについて

しみと並んで、女性の悩みで多いのが、しわです。
笑ったり泣いたり、表情を作る際に皮膚が動き、特に目元は皮膚自体が薄いため、しわができやすいです。
始めは小さなしわでも、それがだんだんと大きく深いものになっていきますので、早めのしわ対策が大切です。

しわの種類

表情じわ

表情筋が動く際にできるしわで、笑ったり顔をしかめたりするとできますが、年齢とともに戻る力が衰えますので、しわとして残ります。

ちりめんじわ

肌の表面にできるちいさく浅いしわのことです。目の下や目じりなど、目の周りに多く見られます。主に乾燥や紫外線、加齢が原因となります。

真皮性しわ

皮膚の深くまで刻まれたしわで、皮膚の溝です。こちらも原因は乾燥や紫外線、加齢による肌の弾力性の低下などです。

たるみじわ

肌のたるみによってできるしわです。主に、加齢によって皮膚が垂れ下がることでできます。

しわの治療

ケミカルピーリング

皮膚の古い角質を取り除く治療法です。新しくきれいな肌の生成を促すことで、肌の若返り効果を期待できます。ピーリングによって保湿効果が得られるため、乾燥が原因となっている小さなしわの改善・予防ができます。

顔全体 6,000円
デコルテ 5,000円
背中上 6,000円
ひざ 4,000円

※部位によって料金が異なりますので、まずはスタッフにお声がけください

BBL(IPL)光治療

BBL(ブロード・バンド・ライト)という光を用いて、コラーゲンの生成を活性化させ、内側から肌のハリ、弾力を取り戻してしわを改善していく治療法です。
痛みが少なく、ダウンタイムもないのが特徴的で、しわの改善だけでなくさまざまな肌トラブルに対応している治療です。
詳しくはこちらをご覧ください。

このページのトップに戻る