墨田区押上駅から徒歩1分、錦糸町駅から徒歩10分の皮膚科・形成外科 アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ 粉瘤 本所吾妻橋

押上駅から徒歩1分の皮膚科・形成外科 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニック

押上駅から徒歩1分の皮膚科・形成外科 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックへのアクセスは、東京メトロ半蔵門線・都営浅草線・東武スカイツリーライン・京成押上線「押上駅」B2、B1出口より徒歩1分

押上駅から徒歩1分の皮膚科・形成外科 押上なりひら皮膚科・形成外科クリニックの電話番号:03-5608-7878

乾燥肌

乾燥肌は皮脂欠乏症とも言われ、皮膚の表面の脂が少なくなってしまうことで乾燥してしまう病気です。

皮膚がカサカサになり剥がれ落ちたり、ひび割れたりします。

特に、空気が乾燥する秋冬はお肌がカサカサになりやすく、乾燥肌が原因でひどいかゆみに襲われる方も少なくありません。

乾燥肌は、市販でも保湿クリームなど対処してしまう方が多いですが、乾燥肌の要因にアトピー性皮膚炎などの持病が関係している場合もありますので、一度医療機関を受診されることをおすすめします。

乾燥肌の予防について

  • 入浴は38~39℃程度のお湯に20分以内ですませる
    肌をあたためることも刺激となり、かゆみがひどくなることがあります。
  • 身体を洗う時はタオルなどで強く擦らず、手のひらを使うようにする
    タオルなどで強くこすってしまうと、皮脂を落とし過ぎてしまうことになります。
  • お風呂上がりにはすぐ保湿クリームを塗るなど、肌の保湿を心がける
    皮膚の潤いを保つようにしましょう。特にお風呂上りは効果的です。
  • 刺激の少ない衣類を着用する
    皮膚を刺激しないことが大切です。なるべく肌に優しい素材を着用しましょう。
  • 部屋の湿度に注意し、必要な場合は加湿器を使う
    部屋が乾燥していることも肌への刺激やかゆみをひどくすることがあります。
  • アルコールをひかえる
    アルコールや香辛料などの刺激物をとりすぎてしまうと、身体があたたまりかゆみがひどくなることがあります。

乾燥肌の治療について

塗り薬による治療

治療の基本は保湿剤を塗ることです。

夏はさっぱりさらさらとしたローション、冬は皮膚の保護効果の高い軟膏やクリームを使用するなど季節ごとに使い分けましょう。

症状が悪化していて湿疹ができている場合には炎症を抑えるためのステロイド外用薬も使用します。

内服薬による治療

かゆみがひどい場合には、その原因であるヒスタミンを抑えるため、抗ヒスタミン薬を使用します。

院内での保湿クリーム販売もご用意しております

当クリニックでは受付にて保湿クリームの販売も行っております。

診察のあと、症状や患者さんの肌に合わせて保湿薬をご提案することもできます。乾燥肌でお困りの方は一度ご相談下さい。

このページのトップに戻る