墨田区押上駅から徒歩1分、錦糸町駅から徒歩10分の皮膚科・形成外科クリニック。アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ 粉瘤など 本所吾妻橋からも好アクセス

押上駅・錦糸町駅から近い押上なりひら皮膚科・形成外科クリニック

東京メトロ半蔵門線・都営浅草線・東武スカイツリーライン・京成押上線「押上駅」B2、B1出口より徒歩1分

電話番号:03-5608-7878

あせも(汗疹)

あせもは医療用語では汗疹(かんしん)とも呼ばれる皮膚疾患で、汗をたくさんかいた後、ぷつぷつと細かい湿疹が現れるものです。

背中や首、わきの下など汗をたくさんかく部位に現れやすいです。

原因

あせもの原因は、身体の体温調整を行う汗腺が詰まってしまうことです。

特に乾きにくい体の部位や、汗をかいてそのままにしてしまうと、汗の出口である汗腺がふさがりやすくなってしまいます。

あせもの分類

あせもと一口に言っても、実は3つのタイプに分けることができます。

紅色汗疹

紅色汗疹は、その名前の通り、赤いぷつぷつが現れるタイプのあせもです。あせもの中ではこのタイプが最も多いとされています。

チクチクする痛みやかゆみを伴います。

しかし痒いといってかきすぎてしまうと、とびひになってしまうということもありますので注意が必要です。

紅色汗疹の治療は、患部にステロイド薬を塗布することになります。

水晶様汗疹

水晶様汗疹では、皮膚に直径1~3mmほどの透明または白っぽい水ぶくれがたくさん現れます。

こちらの場合は、痛みやかゆみはありません。

治療は自然治癒となり、患部の汗をシャワーで洗い流す、汗をかいたらすぐにふき取るなど、肌を清潔に保つことが大切です。

深在性汗疹

深在性汗疹は皮膚のより深いところである真皮に汗がたまりおこるあせものタイプです。

紅色汗疹を繰り返すことで発症してしまう場合があります。

白っぽい平らな発疹ができるのが特徴です。痛みはほとんどありません。

汗をかいて刺激が加わると、汗が真皮の中であふれ出してしまうので、汗が体外に出てこなくなり、皮膚が乾燥していきます。

治療と予防

あせもの治療はまず発汗をおさえることが重要です。
なるべく皮膚を乾いた状態に保ち、清潔にしましょう。

肌の保湿をしておくことも効果的ですが、汗腺をふさいでしまわないように、さらっとした保湿液剤を使用しましょう。

汗をかきやすい季節では、通気性の良い服装にし、汗腺をふさぐことのないようにあまりアクセサリーをつけすぎないことも大切です。

症状が強い場合には、ステロイド外用薬や抗生剤を使用し、痛みやかゆみを抑えることになります。

あせもの症状がつらいという場合には、お気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る