墨田区押上駅から徒歩1分の皮膚科・形成外科クリニック。アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ 眼瞼下垂 皮膚腫瘍・粉瘤など。錦糸町駅からも徒歩圏内です。

押上駅・錦糸町駅から近い押上なりひら皮膚科・形成外科クリニック

東京メトロ半蔵門線・都営浅草線・東武スカイツリーライン・京成押上線「押上駅」B2、B1出口より徒歩1分

電話番号:03-5608-7878

粉瘤・皮膚腫瘍

粉瘤とは皮膚の良性の腫瘍です。皮膚表面が外傷などによって、内部にめり込み、皮膚の袋をつくったものです。袋をつくっている皮膚からでた角質(垢)が袋の中にたまり、徐々に大きくなっていきます。また、これに細菌が感染して膿んで赤く腫れたりをくり返すこともあります。

症状

外傷を受けやすい顔面、耳たぶ、背中、臀部、外陰部などに人差し指の先ほどの腫瘤を形成することが多いようです。大きさはさまざまで大きいものでは卵の大きさになる場合もあります。普通痛みなどはありませんが感染を起こすと赤く腫れ、中に膿がたまります。皮膚との連絡部分がみられることがあり、押すとここから臭いにおいのある、おからのかすのような内容物が排出されることがあります。

原因

気がつかないような軽微な外傷などが原因の一つとして考えられます。

治療

感染が起こっていない場合は、外科的に腫瘤を切除し縫合します。 感染が起こっており場合には抗生物質を投与したり、内部に膿が溜まっているときには切開して膿を排出します。感染がある場合には切除することができませんので、感染が落ち着いてから、改めて腫瘤を切除することになります。

このページのトップに戻る