墨田区押上駅から徒歩1分の皮膚科・形成外科クリニック。アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ 眼瞼下垂 皮膚腫瘍・粉瘤など。錦糸町駅からも徒歩圏内です。

押上駅・錦糸町駅から近い押上なりひら皮膚科・形成外科クリニック

東京メトロ半蔵門線・都営浅草線・東武スカイツリーライン・京成押上線「押上駅」B2、B1出口より徒歩1分

電話番号:03-5608-7878

傷跡
瘢痕、肥厚性瘢痕、萎縮性瘢痕

けがや手術のあとが赤く盛り上がったり、硬くなっている場合などが相当します。かゆみや痛み、つっぱり感を伴い、また見た目も気になるために治療をご希望される患者様も多いです。

ケロイドとの違いは、ケロイドの場合は元々あった傷跡からはみ出すように拡大して大きくなるのに対して、瘢痕(はんこん)の場合は元々の傷跡からはみ出すように大きくなることはありません。

症状

痛み、かゆみ、つっぱり感、硬さなどがあります。また見た目にも気になることが多いと思われます。

原因

多くは関節の動きに伴い傷の安静が保てなかったり、重力の影響できずに持続的に張力がかかったりなど、傷跡が慢性的に刺激される状態が原因になると思われます。

治療

1.保存的治療(メスで切らない治療)

メスで切ったりしない治療としては、内服薬、シリコンシートやテープによる圧迫療法、ステロイド剤の局所注射などがあります。

2.外科的治療(メスで切る治療)

傷跡を切除した後に縫合(縫うこと)して細い目立たない傷に縫いなおします。Z形成術などの特殊な形成外科的な方法を用いて治療する場合もあります。

このページのトップに戻る