墨田区押上駅から徒歩1分の皮膚科・形成外科クリニック。アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ 眼瞼下垂 皮膚腫瘍・粉瘤など。錦糸町駅からも徒歩圏内です。

押上駅・錦糸町駅から近い押上なりひら皮膚科・形成外科クリニック

東京メトロ半蔵門線・都営浅草線・東武スカイツリーライン・京成押上線「押上駅」B2、B1出口より徒歩1分

電話番号:03-5608-7878

うおのめ

うおのめとは、主に足の裏の皮膚にできる異常で、正式には「鶏眼」と言います。白い色をした、中心に芯のある丸い形の症状で、触れると痛みがあります。芯の先がとげのようになっているため、痛みが強く出ることもあります。

原因

うおのめは同じ部位に物理的、機械的に繰り返し刺激が加わることで症状があらわれます。歩き方や姿勢によって足の一部に重心が集中し、体重がかかっていたりすることが原因となることもあり、治癒した後も再発をして症状をくり返すこともあります。

また、ご自身の足に合わない靴を履くことでうおのめができる方も多く、靴を変えるだけでうおのめが消えたという方もいらっしゃいます。

治療

うおのめができると、はさみや爪切りを使ってご自身で取ろうとする方がいらっしゃいますが、皮膚の奥にまで伸びた芯を取らないと完全には治りません。逆に、不必要に皮膚を傷つけてしまい、化膿する原因にもなりますので、早めに医療機関で治療するようにしましょう。

軽度のうおのめ

サリチル酸という、皮膚をやわらかくする物質を含んだ塗り薬を用いて治療を行います。 また、足の裏の一点に集中して刺激が加わらないような装具を使用して症状を改善させることもあります。

重度のうおのめ

外科的治療
外科的にうおのめの部分を切除します。部分麻酔により痛みを取り、メスで病変部位を切除し、縫合します。約30ほどで終了します。翌日より入浴可能です。もちろん手術当日より歩行できますし、入院の必要はありまあせん。抜糸は約1週間後に行います。
スピール膏による治療
スピール膏という絆創膏を貼り、硬くなった皮膚を柔らかくして、柔らかくなった部分を削り取ることで痛みをとります。
液体窒素による治療
液体窒素を染み込ませた綿棒を患部に押しつけて壊死させる方法です。 通常、1~2週間程度の間隔で数回行います。

このページのトップに戻る