墨田区押上駅から徒歩1分の皮膚科・形成外科クリニック。アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ 眼瞼下垂 皮膚腫瘍・粉瘤など。錦糸町駅からも徒歩圏内です。

押上駅・錦糸町駅から近い押上なりひら皮膚科・形成外科クリニック

東京メトロ半蔵門線・都営浅草線・東武スカイツリーライン・京成押上線「押上駅」B2、B1出口より徒歩1分

電話番号:03-5608-7878

しもやけ

しもやけは、冬に起こりやすい皮膚の病気です。
寒さで血行が悪くなるため生じる炎症で、手指、足趾の先や耳たぶ・鼻などといった血管が細い箇所に起こりやすいです。

しもやけの原因

一般的には気温が5℃前後で、昼と夜の温度差が大きい季節に症状が起きやすいと言われています。寒冷などの温度差の影響で手指や足趾などの抹消の血液の流れが悪くなると、血の流れの滞りが起こり、炎症を生じてしもやけになります。寒い日は手足の先などを冷やさないよう、暖かい手袋や靴を履き、汗などで衣服が濡れた場合は早めに取りかえるようにしましょう。

革靴やハイヒールのような窮屈な靴を長時間履いたり、足首を靴下で締め付けると血液の流れが悪くなり、しもやけが起こりやすくなってしまうことがありますので注意が必要です。

しもやけチェック

  • 手指や足趾などが赤く腫れている
  • 手足の指、手のひらなどに赤〜赤紫色の発疹がみられる
  • 手足などを温めるとかゆくなる
  • 手足などに水ぶくれができたり、皮膚がただれている

しもやけの治療

治療は患部の血行を良くする方法を用います。
具体的には下記のような方法です。

  • 患部にお湯と冷水に交互につける
  • 患部のマッサージ
  • 血行を良くするビタミンEの飲み薬の服用

また、乾燥がひどい場合は保湿のための塗り薬も使用する場合があります。
かゆみが強い場合はかゆみ止めの飲み薬を使用する場合もあります。
早めに治療することで症状を抑えられますので、しもやけでお困りの方は早めにご相談ください。

このページのトップに戻る