墨田区押上駅から徒歩1分の皮膚科・形成外科クリニック。アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ 眼瞼下垂 皮膚腫瘍・粉瘤など。錦糸町駅からも徒歩圏内です。

押上駅・錦糸町駅から近い押上なりひら皮膚科・形成外科クリニック

東京メトロ半蔵門線・都営浅草線・東武スカイツリーライン・京成押上線「押上駅」B2、B1出口より徒歩1分

電話番号:03-5608-7878

ほくろ

ほくろは母斑細胞と呼ばれる細胞が皮膚のさまざまな層に存在することでできる、黒褐色や茶褐色などの色素斑です。大きさはさまざまで、扁平なものや盛り上がっているものもあります。色素斑の中にはほくろ(母斑細胞母斑)以外のものもあり、中には悪性のものもあるため注意が必要です。

症状

年齢とともに大きくなったり色調が濃くなったり逆に薄くなったり、盛り上がったりすることがあります。普通は痛みや出血などありません。

原因

元々あった母斑細胞が原因となります。

治療

外科的に切除するか炭酸ガスレーザーにより蒸散させる方法があります。母斑細胞が皮膚の深い場所にあるときには炭酸ガスレーザー治療では再発することが多いです。

外科的な切除は部分麻酔で痛みを取り、切除します。切除した部分は縫合します。 形成外科での切除で、きれいに目立たなく縫合することが可能です。

このページのトップに戻る